妊娠が分かった後にご自身の体や赤ちゃんのために

葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。

それでは、この葉酸をいつまで摂取するのが正解なのでしょうか。胎児の成長のために葉酸を摂取されている、と言う場合は、葉酸摂取の期間を出産までと限っても大丈夫です。

ですが、葉酸は妊娠中の母胎をサポートしてくれるだけでなく、普段の生活においても不可欠な栄養素(ビタミンやミネラル、脂質も健康を保つためには、必要不可欠です)の一つで、人体のバランスを整えるといったはたらきをしています。ですから出産後も、葉酸の摂取によって日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。今、二人子供がいます。

二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。長男を出産した後でしたので、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。本に載っていたように、排卵日を特定した後上手くタイミングを合わせたりしながら、産み分けにチャレンジし立と言うワケです。妊娠した時は、産み分けの事がありましたから赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは少し心配もしましたが、女の子だったので、とても嬉しく思っています。

妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に大変重要なはたらきをする栄養素(ビタミンやミネラル、脂質も健康を保つためには、必要不可欠です)が、葉酸です。
ママの体も赤ちゃんも、いっしょにゲンキであるように、たとえばサプリメントなどを活用しながら葉酸不足に陥らないようにして頂戴。

さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。

野菜だけで十分に摂取できるかと言うと、難しいと思いますから、足りない部分はサプリで補うのが効果的な摂取方法だといえます。

妊婦の方の中でも、葉酸を食べ物から摂取しようと葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーを食べるようになっ立と言う妊婦さんもいらっしゃると思います。しかし、実は葉酸は熱に弱いため加熱調理してしまうと、葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、結果的に、摂取量が不足している、と言う場合もあります。
あなたがたは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活と言うと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性がやるものだと言う印象が強いかと思います。ですが、男性側が実践できる妊活もありますね。

それと言うのも、葉酸を十分に摂ると言う事なんです。

不妊などの原因は母親側だけの問題かと言うとそうではなく、夫である男性側に問題があると言う事だってあるのです。中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めると言う効果があります。ですから、ぜひ葉酸摂取と言う妊活を実践してみて頂戴。葉酸は重要なビタミンの一種で、妊娠初期に細胞が分裂するのを助け、血液を創る力を強めると言うはたらきがあります。

この作用は妊娠にも有効で、子宮に受精卵が着床するのをサポートするので妊娠しやすくなるので、タイミング療法と組み合わせる人も多いです。

造血作用で血液が増えることで、血行が良くなり冷えも改善され、生殖機能が正常化して活発になり、不妊治療に役たつのです。妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのかしることは大事ですよね。食事内容はもちろん、お茶などの飲料にも、妊活に良いものと悪いものがありますので、注意が必要です。一般的に、妊活に効果があると言われるお茶はタンポポ茶やルイボスティーが良いそうです。

これらはカフェインが含有されていませんので、いつ赤ちゃんを授かっても不思議ではない女性にも、胎児にも負担のかからない、優しいお茶だと言う事が分かります。
実は、ルイボスティーには、貧血を予防すると言う効果があると報告されていますから、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だということですねね。

妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。とはいえ、食事で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますので、葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が一番いいですね。では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかと言うと、食後30分以内の摂取が理想的です。

なぜなら普段の食事から摂れる栄養素(ビタミンやミネラル、脂質も健康を保つためには、必要不可欠です)のはたらきによって、葉酸が最も効率的にはたらきますから、十分な効果が期待できます。
反対に、胃が空っぽの空腹時に葉酸サプリを摂取してしまいますと、胃が荒れると言う報告もありますので、必ず胃に何か入った状態でサプリを摂取して頂戴。

一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜と呼ばれるものが該当します。

赤ちゃんを授かったアト、早期にこうした食材を食べるようにしましょう。葉酸は胎児の正常な発達にはたらきかけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があると知られています。

とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいと言う場合には、納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのをおススメします。

「葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミンを多く含んだ食べ物には「葉酸」も多く含まれています。

フルーツで言うと、イチゴが代表的ですね。あまり店頭では見かけませんが、ライチにも多くの葉酸が含まれていると紹介されています。または、アセロラや柿、キウイフルーツもそうですね。
あるいは柑橘類も葉酸を多く含有しています。ですので、葉酸を手軽に摂取しようと考えるならば、ジュース(濃縮果汁還元のものは、栄養素(ビタミンやミネラル、脂質も健康を保つためには、必要不可欠です)が壊れてしまっているらしいです)で補給するのも問題ありません。

妊娠が分かった後にご自身の体や赤ちゃんのために

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です