人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術

ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるのが普通です。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れ立ところや、縫った糸が気になっても、触らないようにここはぐっと我慢してください。

十日以上経っ立ときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりないでしょう。
指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、当然ながらデメリットもあります。
すべての患者に関わるのは、高額な費用です。高くついた場合、数十万円にもなることもあり得ます。また、治療の失敗内容によっては健康被害が起きると、かなり深刻化するという重大な問題もあります。

本当に深刻な例では、手術後の死亡例もあります。欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

見た目の問題を考えるとどちらかというとインプラントが優るというべきでしょう。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというのが痛いところです。

歯科治療の一環として、インプラント治療も多彩な点で、失敗が起きる可能性があります。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど外見が損なわれる可能性もあります。
失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はともかく慎重に決めてください。

インプラントが虫歯になることは絶対ありないでしょうが、だからといって治療後はほっておいていいとは言えないでしょう。
インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけないでしょうし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

残存している歯と同様に歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってまずは口腔内をきれいに保ってください。
そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスをうけてください。インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。
酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食事の際にグラグラと動いてしまうなどといったトラブルの事例もあるでしょう。
そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足の影響が多分にあります。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。かなり専門性の高い外科的治療を要する為、多彩な症例を診てきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。それだけでなく、費用面での疑問に応えてくれる、感染症予防策をはっきり示している、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン(体内の状態を調べるための検査だけでなく、撮影した写真を指すこともあります)、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行ない、その上で治療方針を決めて治療に取りかかるため患者も納得し、安心して治療を開始できます。
一通りの治療が終わったアトは、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば長い間、問題なく使うことが可能になるでしょう。顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、すべてが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
この2ピースタイプはさらに、そのコネクション部分の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根部が残っているかどうかの違いです。虫歯などで義歯が必要になるケースでも、根のケア次第で冠のような形の義歯を創り、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

抜歯した場合の選択は、入れ歯もありますが、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となるでしょう。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です